2004年5月にフジテレビ系『発掘!あるある大事典』の司会を降板後、一気に仕事を失った。

現在再ブレーク中のヒロミが、長きにわたって芸能界を“干されて”いたことは有名な話だ。最盛期にはレギュラー番組10本、最高月収6,000万円だったというが、

最近になって、ヒロミはその理由を「芸能界でレギュラーとか、なんかめんどくせえなって。40才過ぎたら疲れちゃって。芸能界、(もう)いいかなみたい な。商売みたいなのをなんかやってみるかな」と語っているが、降板の原因となったのは、同番組で8年近くコンビを組んでいた大御所・堺正章を怒らせたため、噂されていますが。

「収 録後のスタッフとの飲み会で、ヒロミさんが『堺さん、最近ちょっと面白くないんですよね』とこぼしたのが、堺さんの耳に入り、逆鱗に触れてしまったそうで す」とは、ある放送作家。この話は半ば都市伝説のように広まり、ネット上では「マチャアキこえ~」と反響を呼んでいた。

そんな中、一部で ヒロミが堺に詫びを入れていたと報じられた。共通の趣味であるクレー射撃をきっかけに、雪解けしていったというのだ。実際、先月5日のブログで、ヒロミは 「堺せぇんせいと会って5日射撃に行く約束してから二人で寒い中撃ってきた」とつづり、楽しく射撃に興じる2ショット写真を載せている。
 

 
だが、裏事情を知る人物によると「そもそもヒロミが“干された”のは、堺さんが原因ではない」という。

同人物は、言葉を選びながら次のように続ける。

「当時、ヒロミはある芸能界の重鎮を怒らせ、その筋の人たちから追い込みを食らっていた。一説には、 女性絡みのモメ事とか。決定的な証拠も向こうサイドに握られていて『番組を降りなければ、すべてをマスコミにリークする』と脅されていたといわれている。 それで何もかもが嫌になり、一時期芸能界からフェードアウトしたというのが真相と聞いている」

元々「街の兄ちゃんがテレビで出してもらっているレベルだったし、長続きしないと思っ ていた」といい、さらに自身のレギュラー番組が次々と終わっていく中で「新しく始まるものもなかったし、(テレビ出演は)もういいかなと思った」と説明し た。さらに共演者へのタメ口や頭を叩いたりしていたヒロミの芸風に関してスタッフともめるようになったことも明かし「“じゃあ、辞めてもいいよ”って言っ たら、“ご苦労様でした”」とあっさり返されたことを振り返った。