20160412185840
 
1992年、競泳女子200m平泳ぎに日本中が奮い立った。

バルセロナ五輪。岩崎恭子が打ち立てた金字塔。14歳と6日での夏季五輪金メダル獲得は、日本人選手としての最年少獲得記録でもあった。

自身が語る秘話。「オリンピックの合宿なんて毎日、泣きながら泳いでいました」。
 

 
し かし、皮肉なもので、その偉業こそが14歳の少女の人生を大きく変えてしまう。

大会翌日から、日本で“岩崎恭子“の名を知らない者はいなくなり、いたずら好きで 負けず嫌い、しかし純粋な少女は、いつしか、周囲の目を気にして、発言一つをとっても自由にはできない窮屈で息苦しい毎日を過ごすようになってしまう。

マスコミの煽りや国民の過剰な期待を加え、4年後のアトランタ五輪まで続く、この時を「人生を歩む工程として、凄く意味のあること」と、振り返ってくれた。

多忙ながらも充実した毎日を送っているという岩崎に聞き、バルセロナの真実とアトランタの転機。金メダルがもたらした光と影、幸せの意味とは何だったのか?

金メダルがもたらした光と影、幸せの意味とは何だったのか?

あれから16年が経過した現在、どのような毎日を過ごされているのですか。

「水 泳の楽しさを伝える活動が中心ですね。イベントの出演や水泳レッスンなど。また、日本水泳連盟で競泳委員という競技の日程を決めたり、代表のスケジュール をきめる委員会があるのですが、そこで元選手の立場として意見を言ったりしています。あと、日本オリンピック委員会の事業広報委員と環境アンバサダーとい う仕事に就いています」

全国、どこを回っても、岩崎さんではなく恭子ちゃんという風に言葉を掛けられるのではないですか。正直、インタビューをしている自分でも、思わず恭子ちゃんと話しかけてしまいそうになるくらい、日本人にとって身近な存在なんですよ。

「そうやって、呼んでいただいていいですよ(笑)。初めて会う方々でも、バルセロナのときに私よりも年長だった方は、覚えていてくださるので」

自然な表現が好感度と、誠実さを物語っていると思います。