20160505155932
 
DCコミックスに登場する悪役たちがチームを組んで活躍する注目作『スーサイド・スクワッド』の日本公開日が9月10日(土)に決定した。
 

 
DCコミックスには個性的な数々の悪役が存在し、正義のヒーローとの対決シーンがこれまでも見られたが、彼らがチームを組んで戦ったとしたら? そんなアイデアを実現したのが本作だ。

映画では死刑や終身刑を宣告された悪役たちが、減刑と引き換えに、自殺に等しい任務を遂行するため“スーサイド・スクワッド(自殺団)”を結成。

特殊能力、過激さ、邪悪な心をすべて捨てることなく、極悪なまま、“悪人にしか倒せない敵”に挑む。

このほど公開になった画像にも、凄腕の暗殺者デッドショット、ジョーカー、うろこに覆われた怪力人間キラークロックや、軍人のリック・フラッグ、と犯罪行為を繰り返してきたハーレイ・クイン、日本刀を駆使するカタナなど、絶対に夜道で出会いたくない悪人ばかりが登場。

これまでのヒーロー映画は、主人公はどうゆう動きをするかそれなりに予想できたが、彼らの行動はすべて予測推定不可能で、一体、どんなストーリーになるのか、どんな戦いを繰り広げるのか前代未聞だ。