20160507003929
 
女優・真木よう子(33)が、4月28日発売の「女性セブン」で、3月末の夜、東京・歌舞伎町にある老舗ホストクラブ「A」を一人で訪れ、豪快に一晩で2000万円を使ったと報じている。

真木が「A」に顔を出すようになったのは「今年に入ってから」(情報元:女性セブン)だというから、最近になって「A」の魅力に完全に浸かっている状態とも考えら、この日「家から来たようなラフな」格好で来店したのだとすれば、通い慣れた常連の域に達している可能性もある。

ましてや店では惜しげもなく高額のワインを注文していたというから、そのハマリ具合には若干の危うさも垣間見える。

今の真木にはそうすることでしか心を落ち着ける手段がないのかもしれないですし、どこにいくら使おうと個人の自由ではあるが、一晩で2,000万円とはさすがに行き過ぎにみえますし、落ちるところまで落ちてから散財に後悔する日が来なければよいのですが。どこかで自分を取り戻すことができる日が来ることを願います。