20160520184101

6月3日、茨城県つくば市の同院で国土地理院長から感謝状が贈呈される。

国土地理院は20日、今年の「測量の日」の功労者にNHK「ブラタモリ」(土曜後7・30)の制作スタッフを選んだと公式サイトで発表した。

本来なら研究者が選ばれるのが常識のようであるが、テレビ場組が表彰されるのは異例。

今回は広島工業大学副学長、同大学工学部建築工学科の岩井哲氏、沖縄県測量建設コンサルタンツ協会とともに選ばれた。

国土地理院は平成元年度から測量・地図に関する普及・啓発に顕著な功績のあった団体または個人に対し感謝状を贈呈、目的として地図に対する国民の一層の理解と関心を高めることである。

「ブラタモリ」は昨年4月、3年ぶりにレギュラー番組として復活。タモリ(70)が街をぶらぶらしながら歴史や魅力に迫る

4月30日放送分から、タモリのパートナーは桑子真帆アナウンサー(28)の後を近江友里恵アナウンサー(27)が引き継いだ。

今月7日放送分で番組歴代最高視聴率16・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマークした。

受賞理由について国土地理院は、番組で「普段は気に留めない街中の『高低差』やひっそりとたたずむ路地などに注目し、様々な地図を分かりやすく使いつつ、地理・地学・地形といった視点も含めた街の魅力が紹介される。

その際、国土地理院(および、その前身機関)が作成した旧版地形図や基盤地図情報等もしばしば使われ、視聴者が地図や地理に興味を持つきっかけとなっている」と説明。

「地理学や地学に博識なタモリ氏による、良質のエンターテインメント番組として多くの視聴者に好評を得ていることから、この番組を通じて地図や地理に対する関心や親しみを広く得た功績は多大である」と称えている。