20160608003723
 
27日放送の「世界の果てまでイッテQ!」番組で、「珍獣ハンター出川 ワールドツアー アメリカ・ニューヨークSP」と題した企画の中で、出川はアメリカ・ニューヨークでセレブと2ショット写真を撮ることに挑戦し

出川は空手着姿で、世界的歌姫・リアーナがプロデュースしているブランドのショーを待ち受けることに。

そして、出川はヒップホップシンガーのフォクシー・ブラウン、人気ラッパー・ワーレイ、雑誌「ヴォーグ」編集長・アナ・ウィンターと2ショット写真を撮ることに成功した。

そして、ショー開演5分前、世界的トップモデル・ナオミ・キャンベル笑わせる一幕があった。
 

 
出川は「ラララ、ラ~ラ、ラ~ブソ~ング♪」と歌いながら近づくが、SPに静かにするよう注意されてしまう。

それでも出川はあきらめず、「マイ久保田利伸ニアーニアー! ナオミ! ニアーニアー久保田利伸! ベリーニア!」とナオミ・キャンベルに向かって、叫び続けた。

これには、ナオミ・キャンベルも思わず口元を手で隠し、腕を組んでいた男性も白い歯を見せて、笑顔を浮かべて笑っていた。

結局、ナオミ・キャンベルとは2ショット写真を撮れなかったが、笑いをとり出川の勇気に絶賛。

そして、出川の歌声「ラララ、ラ~ラ、ラ~ブソ~ング♪」は、翌日の芸能ニュースで全米に配信された。

出川のVTR終了後、スタジオでは内村光良が「臆することがない」と出川を称えた。

出川は、ほとんどのスターが誰なのか、わかっていなかったそうだ。