20160627215121
 
高倉健さん(享年83)の長編ドキュメンタリー映画『健さん』(2016年公開)が製作される。

2014年11月に亡くなった俳優・高倉健さんは、数々の映画出演、海外映画にも出演し続けた高倉健さん、俳優としての生き方をドキュメンタリーで描いています。

海外では映画『ブラックレイン』で共演のマイケルダグラスさんや、健さんのファンを自称する世界的映画監督のジョンウーや、『ザ・ヤクザ』の監督であり脚本家のポール・シュレーダーが出演し高倉さんとのエピソードを振り返っています。
 

 
このドキュメンタリー映画は、名優・監督陣のインタビューで新たな“高倉健像”を浮き彫りにし、貴重なプライベート映像も収録。40年来の付き人である西村泰治氏が、高倉さんのプライベートのエピソードも紹介している。

映画『ブラック・レイン』(89年)で高倉さんと共演したダグラスは「健さんからはシンプルであることの大切さを学んだ」と懐かしみ、さらに「彼には美しい純粋な魂が宿っていた。まず最初に感じたことは彼の謙虚さだ。腰の低さに驚いた」と人柄も絶賛。

高倉さんの主演映画でも有名な小説『君よ憤怒の河を渉れ』を再映画化した『追捕 MANHUNT』を監督するウー監督は、「私が俳優に演技を付ける時は高倉健をイメージする」と語っており、「チョウ・ユンファや、ジョン・トラボルタに演技を付け、トム・クルーズを撮影する時でさえ、高倉健のスタイルを常に意識して、しなやかさ、優雅さ、自信のある動きを彼らに反映させる」と演技指導にも影響を受けたと明かしている。

この映画の監督は、写真家としてニューヨークを拠点として活動している日比遊一氏が務める。

「高倉健さんという一人の人間の在り方は、どんなに時代が変わっても日本人として忘れてはならない矜持そのものだと思います。健さんファンに観ていただきたいのはもちろん、『健さん』を知らない若い世代の人たちにとっても『映画俳優、高倉健』との忘れられない出会いになることを、心から願っております」とコメントを寄せている。