20160816000519
 
2014年、宝塚歌劇100周年を祝して制作され東京・大阪・名古屋全46公演、70,000人を動員した、世界初女性キャストのみの『シカゴ』。

宝塚歌劇団を卒業し、成熟した魅力を身につけた歴代のトップスターと、研ぎすまされた技術を持つダンサーたちによって表現された

1920年代のジャズ香る時代のセクシーでスタイリッシュ、そしてコミカルな『シカゴ』は、新たな舞台表現のプロバビリティを日本の観客だけでなく、ブロードウェイの関係者にも印象付けました。

そして、『シカゴ』ブロードウェイ公演がロングラン20年を迎える2016年、この宝塚歌劇OGバージョンの7月のリンカーン・センター・フェスティバルでの上演が決定!

ニューヨーク、アンバサダー劇場で上演中の『シカゴ』と今回のリンカーン・センター公演により、ニューヨークの主要な劇場2つで同じ演目が同時に上演されるのは史上初となります。