2016y11m15d_041226147

東京都内で開催中の「第29回東京国際映画祭」で行われたクロージング上映作品「聖の青春」(森義隆監督)の舞台あいさつに、俳優の東出昌大さんが11月2日主演の松山ケンイチさんと登場。

将棋やプロ棋士の非常に熱心なファンでもある東出さんは、「白か黒がつくってことはお互いの人生の否定であるし、どっちかに黒がついた時は死にも等しい」と命懸けで勝負に挑むプロ棋士の気持ちを代弁した。

東出さんは劇中で羽生善治さんを演じ、難病のため29歳の若さで亡くなった主人公の村山聖(松山さん)と対峙(たいじ)している。

「将棋界の方は皆さん、村山さんが体が悪いことをご存じだった。

ただ羽生さんもほかのプロ棋士の方も、盤面をはさんだ時に容赦はしない。

村山さんも羽生さんも将棋に人生を懸けている。

だからこそ手を抜くなんてことはしなかった」と話すと、「(負けは)自分の人生がぺしゃんこになる瞬間で。

それでも僕は羽生善治を演じるにあたって村山聖を、苦しいのは分かっているけれど、それをぺしゃんこにしてやるんだって鬼のような思いで、この撮影に臨みました」とも語った。

この日は女子レスリングの吉田沙保里選手、女子重量挙げの三宅宏実選手、カヌーの羽根田卓也選手も登場し、松山さん、東出さん、森監督に花束を贈呈した。

映画は、大崎善生さんのノンフィクション小説「聖の青春」が原作。

「東の羽生、西の村山」と称されるほどの実力を誇りながら、難病のため29歳の若さで亡くなった将棋の天才棋士・村山聖(さとし)九段の生涯を描いている。

村山さんと共同生活をしながら支えた師匠・森信雄役でリリー・フランキーさん、弟弟子の江川役で染谷将太さんも出演している。19日公開。