『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol. 2』(原題: Guardians of the Galaxy Vol. 2)は、マーベル・コミックの同名のスーパーヒーローを題材とし、マーベル・スタジオが製作、ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズが配給したアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画である。

前作でも使用されたブルー・スウェードの楽曲「Hooked on a Feeling」(ウガ・チャカ)とともに、ピーター・クイル/スター・ロード(クリス・プラット)、ガモーラ(ゾーイ・サルダナ)、ドラックス(デヴィッド・バウティスタ)、ロケット(ブラッドリー・クーパー)、そして前作でミニチュアサイズに生まれ変わったグルート(ヴィン・ディーゼル)と、おなじみの「はみ出し者ヒーロー」たちが登場している。

前作に続きジェームズ・ガンが監督を務める続編の詳細は明かされていないが、主人公のクリス・プラットが生き別れた父親(カート・ラッセル)を探しに行くストーリーになるといわれている