明石家さんまが企画とプロデュースを担当した映像配信サービス「Netflix」のオリジナルドラマ「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」のメーキング映像が公開された。

同作は、画家でお笑いタレント・ジミー大西の半生を描く物語で、本当に起きた爆笑エピソードの数々をドラマ化したもの。

さんまの実体験を基に制作されており、ジミー役を中尾明慶、さんま役を小出恵介が演じている。

この企画の経緯について、さんまは「テレビとかでジミーの話をすると、誰もが驚いて爆笑する。

だから、いつか映像に残せないかなと思っていた」。

また、「うそみたいな話ばかりだけど、全部実話。

実際はもっとすごくて、放送できないことがいっぱいある」とアピールした。

~Netflixで2017年夏から世界同時配信~