オーディション番組出身の12歳のシンガー・ソングライター、グレース・ヴァンダーウォールのデビューEP「パーフェクトリー・インパーフェクト」が、全米ビルボード・アルバムチャートにて初登場9位を獲得した。

マイケル・ジャクソンさんの11歳時、ジャクソン5の1stアルバム「帰ってほしいの」(70)以来、46年ぶりの快挙。

12歳以下のポップ・アーティストのデビューアルバムがアルバムチャートTOP10入り。

グレースは今年、米NBCテレビの大人気オーディション番組「アメリカズ・ゴット・タレント(第11シーズン)」の予選に出演、12歳にしてオリジナル曲「I Don’t Know My Name」を自身のウクレレ伴奏で歌い、大きな話題を呼んだ。

審査員を務める毒舌音楽プロデューサー、サイモン・コーウェルは「君は未来のテイラー・スウィフトになる」「100%スター、彼女は特別だ」と珍しく賞賛のコメントを贈った。

このときの映像は瞬く間に世界中で大きな話題を呼び、動画サイトで1億7300万回もの再生回数を記録。

番組で披露された彼女の楽曲は、世界中のファンにカバーされている。その後瞬く間に勝ち上がり、9月13日の決勝で全て審査員の絶賛を受け、また視聴者の投票により見事優勝を飾っていた。