モデルで女優の佐々木希さんとミュージシャンのGACKTさんが2月16日、

東京都内のスタジオで、

日本語吹き替えを担当する映画「キングコング:髑髏島の巨神」(ジョーダン・ボート=ロバーツ監督)の公開アフレコを行った。

 

スタジオに登場とともに佐々木希さんの緊張でガチガチ感が伝わってきます。

ガクトさんは、平然を装っていますが、「実はこう見えても緊張しています。」とコメント、

 

同作でハリウッド映画の吹き替えに初挑戦する佐々木さんは、

緊張のあまりNGを連発。

 

するとGACKTさんは「可愛いね……」とつぶやいて場を和ませたり、

そっとアドバイスをするなど優しくフォロー。公開アフレコは無事終了し、

佐々木さんは「オーラがピカピカって輝いていて、優しい方」とGACKTさんの対応に感動していた。