コゼット役で同ミュージカルに初出演する生田は、

本番の会場となる東京・帝国劇場の舞台で美声を披露。

歌い終えると「緊張で意識がもうろうとした…。

でも、本番でここから見えてくる景色が楽しみ」と語った。

憧れの舞台に立った感想を聞かれ、
「客席にいるとステージが遠く感じるけど、
ここから見ると(客席が)近く感じる」とコメント。

すると、この作品に約20年出演している森公美子から

「ここはオケピ(オーケストラピット)だから」と突っ込まれ、

「だから近いのか!」と照れ笑いしていた。