灯台守の夫婦トムとイザベルには、「それでも夜は明ける」
「スティーブ・ジョブズ」でアカデミー賞に2度ノミネートされている
マイケル・ファスベンダーと「リリーのすべて」でアカデミー賞助演女優賞に
輝いたアリシア・ヴィキャンデル。

これまでの作品でも演技を越えたリアルを求める
シアンフランス監督は、
本作でもわずかなキャストとスタッフだけで人里離れたロケ地で共同生活を行い、
徹底的にリアリティを追求。

この映画の撮影中に恋に落ちたファスベンダーとヴィキャンデルの、
まさに演技を越えたほんものかんに注目、

アリシア・ヴィキャンデルは、
「脚本を読んだ時、ものすごく心を揺さぶられたの。

どの登場人物にも共感でき胸が張り裂けそうだった。

ある選択をしたトムとイザベルはジレンマに陥ってしまうの。

その選択が思わぬ結果を招いて、2人はつらい決断を強いられる。

さらに自分たちについても考えさせられたわ。

そして同時に(この作品は)赦しや現実的な問題も描いている。

たとえ善人でも最善策を講じるとは限らないと、
観客は自らの経験と照らし合わせて必ず何かしら共感できるはずよ。」と語る。

マイケル・ファスベンダー&アリシア・ヴィキャンデルの
貴重な2ショットインタビュー映像が到着しました!