手越祐也(29)度重なるイメージ悪化の報道にファンからもあきれ声が上がって
『世界の果てまでイッテQ!』を降板になるかもしれないと、東京スポーツが報じた。

東スポによると降板の直接的な原因は、
福岡で起きた金塊7億5000万円強奪事件の容疑者のFacebookに、
手越さんが写り込んでいたことにあるようだ。

又、写真週刊誌『FLASH』(光文社)6日発売号が手越の衝撃的な“ベッド写真”を掲載した。

撮影したのは20代前半の皆藤愛子アナ(33)似の一般女性とされ、
彼女は学生だった2014年から3年間にわたって手越と男女の関係にあったという。

女性は2014年の春に高級ホテルで行われた飲み会に参加した際、
酔った手越から「行くよ」と別室に誘われ、ベッドを共にしたことを告白している。

「手越くんたちは、部屋を2つ取っていたんです。

私は手をつながれたまま、みんなが飲んでいたのとは別の、
もうひとつの部屋に連れていかれました。飲み会に行く前、
手越くんに『女のコは制服がドレスコード』と言われていたので、
私はホテルで着替えた制服姿でしたね。

 でも2人っきりになると、2人ともベッドに倒れこんでそのまま寝ちゃいました(笑)。

ほんとうに酔ってましたね。しばらくして、
気持ちが悪くなって私はトイレに行ったんですが、
戻ったら彼も目覚めていてそこで関係を持ちました」

2人が出会ったのはその少し前、2014年の初め。東京・麻布のバーだった。

「ベッキーは降板させたのに、
手越だけおとがめなしで出演し続けるのは不自然だからね。

まあジャニーズの手前、すぐに降板はさせられないかもしれないが、
10月の改編期に“卒業”という名目で降板させられる可能性は高いのでは。

今のご時世で20%以上を取り続ける『イッテQ』なら、
それくらい強気に出て当然。

『不祥事があるタレントは出られませんよ』という姿勢でね」
イッテQから姿を消すようなことになればアイドル人生最大ピンチとなるでしょう。